Hotel San Giorgio Crotone 4つ星ホテル

  • italiano
  • English
  • español
  • français
  • Deutsch
  • русский
  • 日本語
  • 中文


クロトーネ(Crotone) - Best Western Hotel San Giorgio Crotone

到着日 到着日
出発日 出発日
お部屋のご利用人数
大人 子供 幼児
12歳以下 3歳以下
プロモーションコード、または法人アカウントをお持ちですか?
コード/アカウント番号を入力してください
ベストウエスタンのリワードメンバーですか?
メンバーシップ番号を入力してください

クロトーネ(Crotone)
タチナ(Tacina)とネト(Neto)川の間にある古代マルケザート(Marchesato)の岬に位置するクロトーネ(人口60,000人、海抜8 m)は、1992年からカラブリア州の県都になっています。
かつてギリシア・アクロポリスの植民地エリアだった場所に建設された街には、古代の街の中心部があり、また、1920年代の経済好況期に建てられた近代的な部分もあります。 クロトーネは、好況産業と商業部門のあるとても近代的な港町であり、また、最新で非常に生産的な農業地域でもあります。
街の名称は、ギリシアのクロトン(Kroton)に由来しています: ヘラクレスに誤って殺されてしまった神話上のヒーローの名前で、ヘラクレスが誤りに気づいた時に、この地に誤って殺してしまった自分の友人の名前のある街を建設しようと誓ったものでした。 地域で4番目に大きな街であるクロトーネは、経済と観光に関してカラブリア全域での重要な中心地となっています。 カラブリアのイオニア沿岸の最も東端にあり、地中海の真ん中にあるるクロトーネの街は、数が増加しているアシスタントや停泊が必要なプレジャーボートの来航を歓迎し、古代からの港にサービスや設備が充実した桟橋があります。 保護されたきれいな海岸線が50 km続くイオニア海を望み、希少な動物や植物が生息しています。 クロトーネの南部は、自然が壊されていない地中海沿岸を保護するために1991年に制定された、カーポ・リッツート(Capo Rizzuto)自然保護地域として保護されました。 クロトーネ地域には、ネト(Neto)川やタチナ(Tacina)川、エーザロ(Esaro)川が流れています。
みどころ: ドゥオーモ、歴史地区、国立考古学博物館、カステッラ、カーポ・コロンナ(Capo Colonna)考古学博物館。

フード
典型的なクロトーネの食べ物は、穀類や柑橘類、オリーブ、フルーツ、野菜などの地元食材を最大限に使っています。 唐辛子をふんだんに使用することで、地元料理に強い風味を加えます。 地元産のハムや乳製品(プローヴォラ、ペコリーノ、新鮮なリコッタ、塩漬けリコッタなど)、ブティッロ(butirro)、ドライトマトや唐辛子の塩漬け、マッシュルームのオイル漬け、オリーブのペースト、ソーセージ、鰯、ソプレッサータなどの多くの保存食品の前菜をぜひお試しください。 典型的な地元料理には、カヴァティエッディ(オレキエッテ)やマカロニなどの手作りパスタにポークソースとリコッタをすりおろしたお料理などがあります。 とてもスパイシーで間違いなく珍しい魚のスープである“quadraru”や小さなアンチョビをオイルと唐辛子で漬け込んだ“mustica”は絶対にお試しください。
クロトーネの伝統的な食事スタイルにのっとったコースのセコンドには、魚類や特にポークが多い肉類をおいしい野菜のサイドディッシュとともにどうぞ。
デザートには、“squadatelli”や“ピッタ・ンキューザ(pitta ‘nchiusa)”、ピッタ・ダ・マドンナ(Pitta da Madonna)、 sanguinazzuなどがあります。 クリスマスの時期には"クルストゥリ(crustuli)"、イースターには "クツッパ(cuzzupa)"をお楽しみいただけます。 すべてのお料理においしい地元産のワインをご一緒にどうぞ: チロ(Cirò)、メリッサ(Melissa)、イポリット(Ippolito)、ヴァル・ディ・ネート(Val di Neto)

Powered by Present S.p.A.

Mobile version View Desktop version